代謝アップ成分用語集


代謝アップ成分αGヘスペリジン、Lカルチニン、CoQ10(コエンザイムQ10)、ナイアシンなどの主な代謝アップ成分の用語集です。






αGヘスペリジン

代謝アップ成分のαGヘスペリジンは、フラボノイドの一種で、血行改善成分です。

血行を促進する効果が高く、しかも即効性・持続力があります。

唇のくすみを消し、赤みを加えたり、目の下のくまを消すのにも効果的です。

Lカルチニン

代謝アップ成分のLカルチニンは、ミトコンドリアに原料の脂肪酸を運ぶ働きをする物質です。

天然の保湿因子や細胞間脂質をつくり出すのを助ける働きもあります。

肌にLカルチニンを塗ると、表皮細胞の代謝がアップし、余分な角質がはがれ落ちやすくなるので、くすみを解消する作用があります。

CoQ10(コエンザイムQ10)

代謝アップ成分のCoQ10(コエンザイムQ10)は、細胞のエネルギー産生量を増加させるので、抗しわ・保湿・くすみの解消などの働きがあります。

日本では欧米に比べてCoQ10(コエンザイムQ10)の配合量が少ないので、たっぷりと肌に塗ったり、化粧水・乳液・クリームなど全てにCoQ10(コエンザイムQ10)入りのものを揃えて、重ね塗りすると効果的です。

表示名はユビキノンとなっています。

ナイアシン

代謝アップ成分のナイアシンは、ビタミンB3のことで、表皮細胞に働きかけて、肌全体をふっくらとさせる効果があります。

また、細胞間脂質や天然の保湿因子をつくり出すのを助けます。

肌のターンオーバーを促進させるので、美白効果も期待できます。

  スポンサードリンク