美白成分用語集


美白成分アルブチン、エナジーシグナルAMP、m-トラネキサム酸、エラグ酸、カモミラET、グラブリジン、コウジ酸、ハイドロキノン、ビタミンC誘導体、マグノリグナン、リノール酸S、ルシノールなどの主な美白成分の用語集です。



アルブチン

アルブチンは、ハイドロキノンを安定化させた誘導体で、資生堂が特許を取得していた美白成分です。

コケモモや洋ナシなどに含まれています。

現在は主な特許が切れたため、コーセーやロート製薬などもアルブチンを採用し始めています。

アルブチンには、チロシナーゼ酵素を阻害する働きがありますが、肌の奥に入りづらいという欠点があります。

このため、アルブチン配合の化粧品には、アルブチンの浸透力を高め、高い美白効果が得られる工夫が施されています。

エナジーシグナルAMP

エナジーシグナルAMPは、大塚製薬が開発した美白成分です。

エナジーシグナルAMPには、エネルギー代謝を高めて、ターンオーバーを促進する働きがあるので、メラニンの蓄積を抑制し、しみ・そばかすを防ぐ美白効果が得られます。

また、AMPという物質は、もともと肌の細胞にもあるので、安全性が高いです。

エナジーシグナルAMPは、美白効果だけでなく、肌の細胞を活性化するので、小じわを薄くするのにも効果が期待できます。

m-トラネキサム酸

m-トラネキサム酸は、資生堂が開発した美白成分です。

トラネキサム酸は、しみで起こっている炎症を防いで、美白効果を高めます。

この時、しみ以外の周囲の皮膚には影響を与えないので、トラネキサム酸がしみの炎症を抑制することで、しみが自然に肌色になじみます。

丸いくっきりしたしみ(老人性色素斑)もやっとしたしみ(肝斑・かんぱん)、にきび跡の色素沈着などに高い効果が得られます。

このほか、肌荒れの改善や予防などにも効果があります。

エラグ酸

エラグ酸は、ライオンが開発した美白成分で、イチゴに含まれています。

チロシナーゼ酵素がメラニンを生成するのをエラグ酸が阻害するので、高い美白効果が得られます。

ハイドロキノンとほぼ同等の美白効果があります。

カモミラET

カモミラETは、花王が開発した美白成分です。

カモミラETには、しみをつくるようメラノサイトに指令を出す情報伝達物質のエンドセリンを抑制し、メラノサイトの増殖も抑える働きがあるので、高い美白効果があります。

特にくっきりとした丸いしみ(老人性色素斑)に効果があります。

グラブリジン

グラブリジンは、甘草フラボノイドなどに含まれている美白成分です。(表示上は保湿成分)

チロシナーゼ酵素の阻害や、抗酸化作用などで高い美白効果があります。

また、グラブリジンは肝斑(かんぱん)にも効果的です。

コウジ酸

コウジ酸は、三省製薬が開発した美白成分です。

幅広く使用されていましたが、規制されて以降、各化粧品メーカーが使用を停止しています。

ハイドロキノン(新ハイドロキノン)

ハイドロキノンは、化粧品成分の自由化以前、医師が治療に使っていたほどの強力な美白成分です。

最近は、浸透性がよく、肌に優しい新ハイドロキノンも出ています。

薬用ではありませんが、高い美白効果が得られます。

ビタミンC誘導体

ビタミンC自体は、化粧品に配合すると、壊れやすい性質を持っています。

そこで、このビタミンCを誘導体にして安定化させることで、化粧品に配合しています。

コウジ酸やプラセンタエキスが規制されたので、このビタミンC誘導体を使う化粧品メーカーが増えています。

ビタミンC誘導体は、メラニンが生成されるプロセスを阻害し、紫外線で増える活性酸素を消去するので、美白に効果的です。

マグノリグナン

マグノリグナンは、カネボウ化粧品が開発した美白成分です。

マグノリグナンは、チロシナーゼ酵素の働きを阻害し、メラニンの生成力を失わせる働きを持っています。

肝斑(もやっとしたしみ)にも効果が高く、ほかの美白成分との相乗効果も期待されています。

リノール酸S(リノレックスS)

リノール酸Sは、サンスターが開発した美白成分で、リノレックスSとも言います。

リノール酸は、紅花油から抽出されたもので、高い浸透性を持っていますが、このまま配合すると、真皮にまで浸透してしまい、美白効果が得られないため、メラノサイトに有効成分を留めて美白効果を高めたのが、リノール酸Sです。

チロシナーゼ酵素を分解して、余分なメラニンを生成させない働きがあります。

リノール酸Sは、肝斑(もやっとしたしみ)に高い効果を示します。

ルシノール

ルシンールは、ポーラが開発した美白成分で、ハイドロキノンと似た構造を持っています。

肌への浸透性がよく、安定性も高いです。

そして、ハイドロキノンと同じぐらいの効果がありながら、細胞への影響が少ないことがわかっています。

ルシノールは肝斑(もやっとしたしみ)への効果が高く、皮膚科医でも治療に使われる場合があります。

  スポンサードリンク