乾燥肌と敏感肌の洗顔はぬるま湯で


美白をつくる洗顔どんな肌質の人でも、温度が40度くらいのお湯で洗顔しているそうです。

お湯で洗顔すると、乾燥肌や敏感肌の人は、必要な皮脂まで流れ出てしまうことになります。

だから、洗顔する時は、35度くらいの温度のぬるま湯で洗うようにしてください。

35度くらいだと、体感でほとんど水に近い温度です。

また、乾燥してしまって、ちょっと過敏になっている肌は、一度水で顔を冷やし、その後ぬるま湯で洗顔するようにするといいです。

なぜなら、水の冷たさには、肌のヒリヒリやほてりを鎮静させて、肌を落ち着かせる作用があるからです。

乾燥肌や敏感肌の人は、お湯は絶対に使わず、ぬるま湯で(場合によっては、その前に一度水で)洗顔するのを忘れないようにしてください。


洗顔料はしっかりと泡立てて!

化粧品をしっかり浸透させるには、やはり洗顔できちんと汚れを落とすことが大事です。

洗顔の時は、洗顔料をしっかりと泡立ててから、顔を洗うようにしましょう。

泡立ちが悪いままだと、水溶性&油溶性の汚れが落ちにくく、洗顔料の機能が十分に発揮されません。

泡立てる時に、洗顔料の泡立てネットを使ってみるのもひとつの方法です。

これだと弾力のあるキメ細かな泡がすぐにできあがります。

  スポンサードリンク