脂性肌・混合肌の人の保湿化粧品の選び方


脂性肌の人の保湿化粧品の選び方

脂性肌の人は、肌のべたつきやにきびが気になるという人が多いと思います。

べたつきやにきびに必要なのは、ビタミンC、そしてフルーツ酸のエクスフォリエーション(角質剥離)効果です。

化粧品は、単品で使用するよりも、ビタミンCならビタミンC、フルーツ酸ならフルーツ酸のものをいくつか組み合わせて使うと、成分の濃度が高くなり、効果も出やすくなります。

ただ、ビタミンCもフルーツ酸も“酸”なので、肌がピリピリしたり、赤くなったりしたら、角質まではがれてしまった可能性が高いので、使用を控えてください。

ビタミンCやフルーツ酸が入った化粧品で活性酸素を消して、皮脂のべたつきを抑え、マットでサラサラな肌を目指しましょう。

  スポンサードリンク
 


混合肌の人の保湿化粧品の選び方

混合肌の人は、Tゾーンはべたつき、Uゾーンはカサカサします。

誰でもその傾向はありますが、TゾーンとUゾーンの差が激しすぎるのも困りものです。

そうなると化粧品の選択も難しいですが、そういう時は、脂性肌と乾燥肌、どちらの肌質が自分にとって深刻なのかで選んでください。

肌質別に2種類のスキンケアを行うのもいいですが、それだと面倒で長続きしない可能性が高いです。

スキンケアを2種類行うよりかは、洗顔方法を工夫するとか(関連記事:混合肌の人の保湿ケア)、乳液の量を加減するとかしたほうが、症状は緩和されるはずです。

≫美肌・美白化粧品サンプル・トライアルセット特集!