保湿ケアは洗顔から


美白をつくる洗顔洗顔の時から、保湿ケアは始まっています。

ですので、洗顔料についても、しっかりチェックしておきましょう。

一般の石けんは、脂肪酸が主成分で、これが皮膚の汚れや脂を取り除きます。

pHは10くらいのアルカリ性なので、普通肌の人であれば問題ありません。

乾燥肌や敏感肌の人は、pHが6くらいのアミノ酸からつくられた石けんが適しています。

汚れ落ちはマイルドですが、肌のうるおいを落としすぎることがありません。

アルカリ性のものを石けん、弱酸性のものをソープフリーと呼ぶこともあります。

透明石けんは、砂糖、グリセリン等の保湿剤や、保湿作用のある植物エキスとオリーブ油などが入っていて、洗顔後も肌がしっとりとします。


≫美肌・美白化粧品サンプル・トライアルセット特集!

水は肌を乾燥させる

普通の水は肌をうるおすどころか、肌を乾燥させてしまいます。

というのは、水は、肌から蒸発する時に、肌のうるおいまで一緒に飛ばしてしまうからです。

水道水でも天然水でもミネラルウォーターでも、それは同じ。

保湿剤の入った水分じゃないと、肌をうるおすことはできません。

だから、洗顔した後は、すぐに水滴を取らないと、肌がカサカサに乾燥してしまいます。

また、肌は摩擦に弱いので、顔をふく時は、タオルに水滴を吸わせるような感じで行いましょう。

ゴシゴシと顔をふくのは厳禁です。

水分の摂り過ぎは肌を乾燥させる

東洋医学には「水毒(すいどく)」という考えがあります。

これは、必要以上に水分を摂り過ぎると、体のためにならないという考えです。

体に水がたまると、その水は体を冷やしてしまいます。

体が冷えると、代謝も悪くなり、内蔵機能も低下します。

そうなってしまうと、肌はうるおいません。

必要な水分量は1日の排尿回数でチェックすることができます。

正常な1日の排尿回数は4〜5回ぐらいで、6回以上だと水分の摂り過ぎです。

水分をたくさん摂取することは、肌に悪いばかりでなく、体も疲れやすくしてしまいます。

自分に適量な水分量を把握して、肌を乾燥させないように注意しましょう。

  スポンサードリンク