保湿とスキンケア


保湿ケアの基礎知識春先と秋口の季節の変わり目に、敏感肌になる人は多くなります。

これは、人間の顔の血液量が季節の変わり目に変化するのが原因で、もともとが敏感肌でなくとも、どんな肌質にも起こり得ます。

人間の顔の血液量は、春分の日あたりから下がり始め、秋分の日あたりからアップします。

季節が暖かくなると、体を冷やそうとし、逆に季節が寒くなると、体を温めようとする作用が働くためです。

しかし、血液量と気温にはズレが生じます。

春先は血液量は下がっているのに、気温はまだ低いので、発汗しにくく、肌のバリア機能は弱まります。

秋口は気温が下がり始め、空気も乾燥しているのに、血液量は下がったままの状態がしばらく続くので、肌のバリア機能が弱まり、敏感肌になります。

化粧品による保湿は角質層をうるおすこと

肌のバリア機能は、角質層がその役割を果たしています。

角質層は、肌の水分の蒸散を防いで、外部からの刺激を保護する働きをしています。

セラミド(細胞間脂質)と呼ばれるうるおいで満たされている状態が、角質の正常な状態です。

このセラミドが抜けてバリア機能が壊れてしまうと、角質がはがれやすく、薄くなり、外部刺激が侵入したり、水分が失われたりします。

化粧品による保湿は、角質層をうるおすことに他なりません。

これが美肌に保つためのスキンケアの基本です。

保湿は自分の肌感覚でコントロール

肌自身のうるおいと、化粧品による保湿とで、何をどのように使って保湿すればよいか、迷うところです。

セラミド入りの化粧品は、生体内の水をポンプのように引き上げるので、うるおいを与えるだけでなく、保湿力を高める働きもあります。

うるおいが十分満たされていると感じられる時は、軽い化粧水程度で保湿するとよいです。

天然水ベースのものは生体内の水に近いので、浸透力があります。

また、軽いマッサージなども新陳代謝を促すのにはいい方法です。

いずれにせよ、自分の肌とよく相談して、使う化粧品をセレクトするようにしてください。

  スポンサードリンク