どんどん美白になる日本人女性


日本人女性は、昔から肌の白さへの憧れを強く抱いている人が多いと思います。

近年、肌の色を白くする美白化粧品の販売が好調です。

日焼け止めや美白化粧品は、以前は夏の季節商品でしたが、今や年間通じて店頭に並ぶ主力商品となりました。

テレビCMや雑誌でも、1年を通して美白化粧品の広告はたくさん目にしますね。

売上も年々伸びており、世界的に見ても、日本は美白化粧品の売上がトップクラスだそうです。


日本人女性の肌は、1990年代と比較して10%ほど白くなっていて、特に30歳代は約20%も白さを増しているという調査結果がある化粧品メーカーから発表されました。

確かに、周りを見ても、美白できれいな女性が増えていますよね。

昔は小麦色の肌は健康的なイメージがあって好まれていましたが、2000年以降、健康意識や美白意識が高まってきたことがその背景にあると思います。


若い人でも、将来のシミ予防のために日傘をさしているのをよく見かけます。

年齢の若いうちからシミ対策をしているのは、将来の美白肌をつくる意味では、いいことですね。

できてしまったシミを消すよりも、日焼けを防いでシミをできにくくするほうが賢明です。

日本人女性の肌がどんどん美白になっていくことで、ますます美しい女性が増えていきますね。