美白化粧品の配合成分とアプローチ


美白ケアの基礎知識美白化粧品の目的は、肌本来の明るさと白さを導くことです。

そのアプローチには、次の3つがあります。




▼過剰なメラニンをつくらせない
▼できたメラニンを還元して色を薄くする
▼できたメラニンの排出を促す

このアプローチに効果があるのが、厚生労働省に認可された次の6つの美白成分です。

(1)ビタミンC(ビタミンC誘導体)
メラニンの色を薄くする還元作用があります。
最近は抗酸化作用も注目されています。

(2)プラセンタエキス
代謝を活性化させて、メラニンの排出を助けたり、メラニンの生成を抑える作用があります。
アミノ酸とミネラルを含んでいます。

(3)アルブチン
メラニンをつくるチロシナーゼ酵素の働きを抑え、メラニンが過剰にできるのを防ぐ作用があります。

(4)コウジ酸
メラニンをつくるチロシナーゼ酵素の働きを抑え、メラニンが過剰にできるのを防ぐ作用があります。
メラニンの排出をスムーズにする作用もあります。

(5)ルシノール
メラニンをつくるチロシナーゼ酵素の働きを抑え、メラニンが過剰にできるのを防ぐ作用があります。
ポーラの独占美白成分です。

(6)エラグ酸
メラニンをつくるチロシナーゼ酵素の働きを抑え、メラニンが過剰にできるのを防ぐ作用があります。
ライオンの特許成分です。

※参考:美白成分用語集

それそれ効果が違いますので、美白化粧品の配合成分を見て、その効果をチェックしておきましょう。

美白化粧品は、いきなり購入して、自分の肌質に合わないともったいないですので、はじめは美白化粧品のサンプルやトライアルセットでお試しするとよいでしょう。

  スポンサードリンク