メラニンができる仕組みとしみ・くすみの関係


メラニンができる仕組み

肌は、「表皮層」「真皮層」に分かれています。

表皮層は28日周期で生まれ変わり、真皮層はハリや弾力のもとになっています。

この「生まれ変わりの周期」は「ターンオーバー」と呼ばれています。

表皮層の一番下に、メラノサイトというメラニンをつくる色素細胞が並んでいて、紫外線やストレスなど、様々な刺激でメラノサイトの動きが活発になり、メラニンが大量につくり出されます。

メラノサイトでできたメラニンは、周りの表皮細胞へ受け渡されていき、ターンオーバーによって角質層まで押し上げられます。
この時、黒や褐色だったメラニンの色は少しずつ薄くなり、角質層では無色になっています。

紫外線を浴びてすぐに肌が黒くなるのは、この無色のメラニンが酸化したためです。
そして最後に、垢となってはがれ落ちていきます。


メラニンとしみ・くすみ

つくられすぎたメラニンはターンオーバーとともに出て行きます。

それなのに、しみやくすみができてしまうのはなぜなのでしょうか?

その原因は下記の2つに絞られます。


▼原因1 ターンオーバーの乱れ

紫外線や間違ったスキンケアによって代謝のリズムがおかしくなると、メラニンの排出がうまくいかず、長く留まってしまいます。

▼原因2 メラノサイトの活性化

様々な影響で大量のメラニンをつくり続けてしまいます。
主な原因は次の通りです。

 (1)紫外線
 (2)日焼けやかぶれ
 (3)ホルモンバランスの乱れ
 (4)ストレス
 (5)皮膚への摩擦

やはり日焼けした肌は、しみやくすみや老化を招きます。
美白について考えたり、気をつけたりすることが、美肌を保つことにつながります。

  スポンサードリンク