美白と美肌に紫外線はNG!


美白ケアの基礎知識肌の役割は、いろんな刺激を体内に入れないように保護することです。

したがって、紫外線を浴びてしまうと、体内への侵入を防ごうとしてメラニンが大量につくられてしまいます。

つまり、肌が黒くなるというのは、体が持っている防御反応です。

紫外線を浴びなくなれば、メラニンの量も普通に戻りますが、繰り返し紫外線を浴びてしまうと、大量のメラニンをつくり続ける部分ができてしまいます。

そう、これが「しみ」です。

また、しみだけではなく、肌の乾燥やしわ、たるみといった老化を招くことにもつながります。

美肌と美白のためには、紫外線で肌が黒くなるのを防ぐことが大切です。

しみ

しみは、皮膚の内側でメラニンが増えて、肌が褐色になります。
メラニンは、体の防御反応なので、紫外線を浴びると大量につくられます。
日焼けで肌が黒くなるのは、このメラニンの働きのためで、紫外線を浴びなくなれば、皮膚が生まれ変わるサイクルに合わせて、メラニンは肌の表面に出てきてはがれるので、元の肌色に戻ります。
紫外線を浴びすぎや、紫外線を浴び続けることが、シミができる原因となります。

しわ・たるみ

紫外線には、肌の内部の働きを低下させてしまうので、肌のハリや弾力が失われ、その結果、しわやたるみができてしまいます。
紫外線は、このしわやたるみといった老化のスピードを速めます。
集中的に日焼けをしたからといって、それがすぐにしわになるわけではないのですが、しわやたるみは消すのが難しいので、注意が必要です。

乾燥・にきび

紫外線は、肌の水分を奪って乾燥させます。
皮脂の酸化が主な原因で、肌が乾燥すると同時に、ニキピもできやすくなります。

  スポンサードリンク