美白ケアの基礎知識

美白ケアは長く続けることが大切。でも間違えた方法で美白ケアを続けても最大限の効果は期待できません。肌の悩みの原因を把握し、自分の肌に適したアイテムを選んで、効果をあげる組み合わせと使い方と、美白に効果のある生活習慣をマスターしましょう。

美白ケアの基礎知識一覧

どんどん美白になる日本人女性
日本人女性は、昔から肌の白さへの憧れを強く抱いている人が多いと思います。近年、肌の色を白くする美白化粧品の販売が好調です。日焼け止めや美白化粧品は、以前は夏の季節商品でしたが、今や年間通じて店頭に並ぶ主力商品となりました。
美白と美肌に紫外線はNG!
美白と美肌のために、紫外線で肌が黒くなるのを防ぐことが大事。
メラニンができる仕組みとしみ・くすみの関係
メラニンは表皮層の一番下のメラノサイトでつくられ、ターンオーバーによって角質層まで押し上げられる。ターンオーバーの乱れやメラノサイトの活性化によって、メラニンが排出されずに、しみやくすみが現れる。
美白効果が得られない原因はこれ!
効果の見えない美白ケアは、紫外線、物理的刺激、ストレス、バランスの悪い食事、ホルモンバランスの変化、血流の悪さに原因があるかも。
美白化粧品の配合成分とアプローチ
美白化粧品には、ビタミンC・プラセンタエキス・アルブチン・コウジ酸・ルシノール・エラグ酸の6つの美白成分が入っています。 それらが、肌本来の明るさと白さを導くために、過剰なメラニンをつくらせない、できたメラニンを還元して色を薄くする、できたメラニンの排出を促す、というアプローチで働きます。
美白化粧品はケースで組み合わせる
肌質や悩み、なりたい肌を把握して、美容液、化粧水、乳液、クリーム、パック、マッサージなどを選びましょう。
角質をはがして美白効果を高める成分
AHA、フルーツ酸、グリコール酸、乳酸は、角質の結びつきを弱めて、はがれやすくするため、メラニンの排出を促し、美白成分が浸透しやすくなるという効果が得られます。